トレーニング効果 学び

脳と筋肉のつながりで効果を上げる

脳と筋肉のつながりを感じる「マインドマッスルコネクション」

ジムやホームトレーニングで筋トレを始めたものの、中々効果が出なかったというお客様がよくいらっしゃいます。

特に、ボディーメイクを目的としたトレーニングでは、やっているトレーニング種目はどこをターゲットにしているか、を理解しながらトレーニングしなければいけません。

そこで、今回は、効果を上げるためには、「脳と筋肉のつながりを感じて効果を上げる」をご紹介します。

■目次

筋トレの効果を上げるため

筋肉と脳を繋ぐ神経を意識する

神経の精度を上げる

筋肉に変化が起こらない場合

筋トレの効果を上げるため

まず、効果そのものを体で感じなければなりません。ここで必要になるのが狙った部位をしっかりと意識して動かすことができる「マインドマッスルコネクション」です。

筋肉と脳を繋ぐ神経を意識する

筋肉と脳を繋ぐ神経には主に二つの機能があります。筋肉に脳の命令を伝える”出力"と、筋肉の感覚を脳に伝える”入力"です。この仕組みによって私たちは筋肉を動かし、刺激を感じられるわけですが、実は精度は人によってバラバラなんです。

神経の精度を上げる

単純に回数を重ねるだけでは高まりません。まずはトレーニング中、狙った部位が「伸びているか」「縮んでいるか」「力が入っているか」を感じてください。その上で、トレーニングを終えた際に「しっかりと疲労しているか」「熱くなっているか」(バーン)」「張を感じるか(パンプ)」をチェックしましょう。

筋肉に変化が起こらない場合

別の部位で感じてしまう場合は、トレーニングのフォームが間違っています。同じ種目でも、フォームを少し変えるだけで、別の部位に聞いてしまうのです。尻を鍛えようとしたら足が太くなってしまうというような、失敗の原因にもなるので。しっかりと見直すこと。少しずつ”筋肉と対話"できるようになると、狙った場所に効率よく刺激を入れ、思い通りの体を手にすることができますよ。

トレーナー紹介

LEAPROCKfitness新宿御苑代表 中川祥太朗(Shotaro Nakagawa) 

1973年11月21日
トレーナー歴20年 トレーニング歴20年
元TAIKANZ新宿御苑マネージャー 
フィットネスクラブマネージャー歴16年

保有資格: 

●NSCA(CSCS)
全米ストレングス&コンディショニング協会認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
●NASM(PES)
(National Academy of Sports Medicine – Performance Enhancement Specialist)
●NLPコーチング認定コーチ

パーソナルトレーニング・グループトレーニング・企業セミナー、研修・出版物やメディア(書斎のゴルフ:日経プレミア)(誰でもできるゴルフ体幹の鍛え方:日経プレミア)(BEAUTY STYLE BOOK MYSTYLE ダレノガレ明美)(おはよう日本:NHK)その他メディア多数

パーソナルトレーニングジムLEAPROCKfitness新宿御苑

LEAPROCKfitness新宿御苑パーソナルトレーニングジム

ダイエット、ボディーメイク、筋力強化、体力向上、健康増進、スポーツ競技向上(ゴルフ、マラソン、サーフィンなど)その他身体の改造に!

-トレーニング効果, 学び

© 2022 LEAPROCKfitness Powered by STINGER