My STARTUP Blog

My Starting a business Blog その7 START!

タイカンズ閉店から

2019年後半にに入った時でした。新しいビルのオーナーから伝えられたのです。 新しいオーナーというのは、前オーナーが不動産会社にビルを売却したのです。 この新オーナーが購入した目的というのは、ビルを事務所ビルとしてリノベーションして販売するのが目的ということでした。 この時は、東京オリンピック前で不動産が値上がりし、都心の賃料も高騰すると予想していたので新宿御苑前駅の駅近くは相当いい物件ですから、こういうことはよくある話です。タイカンズは5月末で契約が切れ、その時に撤退が決定でした。

タイカンズ撤退までに動いていかなければならならいこと。まず、スタッフに伝えること。伝える前には、スタッフの行き先はまだ決まりませんでしたが、スタッフの行き場所は常に考えていました。会社の他店舗への移動が最初に上がりましたが、TAIKANZファンのお客様も多くいらっしゃいましたのでTAIKANZ新店舗を作る事でスタッフも皆そこへ移るというようなことや、他店舗に配属しても移動先の店舗のスタッフが増えすごてしまうので、新しいスタイルのジムやフィットネスクラブを作る事などを考えていました。詳細までは決まらなかったのですが、とにかく社員スタッフは次に行き場所があるということを念頭に5月末閉店のことを伝えました。しかし、アルバイトスタッフは退職という道しかこの時はなかったのです。一人一人に話をした時の衝撃度は忘れません。言葉を失う者や残念ですと落胆する者。私は事実しか話せなかったし、次も考えているがまだ半年以上あるので新店舗の事などははっきり決まっておらず分からないのです。

こんなことがあっても、スタッフは気丈に真面目に、手を抜くことなく日々の営業を続けてくれてました。この半年のスタッフには感謝です。5月末に閉めることから逆算して年末には、お客様に告知を出さなければなりません。しかし、新年新たにという時期に閉店告知は出し難く、年始から1ヶ月後の2月1日に届くようDMを発送しました。そんな中でも新タイカンズ構想や新しい業態のクラブの話はありましたが。。。

同僚の急逝

発送の約2週間前、同僚でもあり、他店舗でMGをしている親友でもある15年来の2年上の友人が急逝しました。亡くなるその前の日まで何の兆候もなく突然の心筋梗塞です。一報があったその日、私は車で次女と本屋に行き小説を買い込んで読もうと考えていました。車で自宅に到着し、車庫に入れている時に上司から連絡があり固まりました。電話が終わった後もしばらく車の中か出れずにいました。家に入っても何も手につかず、買ってきた本をページを開いてペラペラめくるしかなく、読める状態では無かったです。

次の日タイカンズに出勤し、社内のメールで訃報のお知らせを目にして、何も手につかずにいました。社員も全員メールを見ていたので、スタジオに集合し私の気持ちを話しました。亡くなった同僚と私の関係を話しているうちに涙を堪えられなくなってしまいました。 全員で黙祷を捧げました。

始める決意

数日後、葬儀告別式が終わり、数日「人生」を考え私の独立の決意が固まりました。 亡き同僚も、フィットネスやトレーニングが大好きで、フィットネスに関する新しい事も大好きで、トレーニングツールやトレーニングの方法論、フィットネスの楽しみ方、私とよく語っていました。トレーナーとしてメンバーさんにトレーニングを伝えるのが大好きで、私も同じで。人生を考えた上で、じゃあどうしようと考えた時に一つだけ。「もっと自由にチャレンジしよう。」と。

会社ではフィットネスサービスに関しては自由にやらせて頂いていましたが、それを経営していくというと、社員である限り自由な挑戦はありません。つまり経営をアート&クリエート(つくる)することは中々できないです。(以前経営者のインタビューで経営はアートだという記事を読んだことがあり、それを引用)社会への発信、発言、失敗の数、経営者としての学び。これは得ることができない。(実際、一人になって多くの失敗がありますがその学びはこれまでには得られませんでしたから)

人生の中で得られることの多くは体験することからだと思ってます。ただ、体験での得られ方は、持っている教養や知識によって変わってきます。例えば1回1回のトレーニングで得られる体験は体の知識があるとないのでは体に受ける刺激が違ってきます。また、継続することで繰り返しトレーニングをしますので、「あ、こうすれば体に効くんだな、こうすれば早く動けるんだな、こうすればグラつかないんだな」と、賢くトレーニングできるようになってきます。自分で本を読みながら学ぶことや、もっと効率よくトレーナーに習う事もいい事だと思います。(私も多くの時間、お金と時間を投資して人から学びましたし今もしています)開業に関しても、既に経営されている先輩方、公認会計士さんや税理士さん、人から聞かないと中々進んでいきません。これは今、身を以て感じています。いろいろ失敗してますから。。。

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言

タイカンズがフィナーレを迎える3ヶ月前から世界中で新型コロナウィルが感染しだし、日本も4月緊急事態宣言発令。4月8日からタイカンズは1ヶ月の休業に。せめて最後の1ヶ月はメンバー様方と顔を合わせてフィナーレを迎えたい。その前はゴールデンウィークから5月はイベントトレーニングを考案していました。これらのことは無しになったとしても営業再開して閉店を迎えたい気持ちをスタッフ全員が持っていましたが、その願いは叶わず、緊急事態宣言による活動自粛延期。そのまま閉店することになってしまいました。ただ、メールやSNSを通じて多くのメッセージを頂きました。「これまでに無かったジム」「他で探してもタイカンズみたいなクラブは無い」「今までで一番効果が出た」「タイカンズが生活に染み込んでいた」など、多くのメッセージ、それがすごく嬉しかったです。このまま終わるのは悲しい!その思いで、5月31日最後の日はTAIKANZトレーナスタッフによるLiveCOREVITYをお届けすることができました。65名のメンバー様のご参加。感動しました。その時の様子はこちら↓

TAIKANZ LAST COREVITY ←クリックで記事にジャンプします

START!

2020年6月25日開業届提出 まず個人事業主としてスタートし、7月3日に新宿御苑前、新宿御苑新宿門前のビル内に入ることができました。 まだ、滑走路を走る準備ができたという所ですが。支えられている方々のおかげで「LEAPROCKfitness」という名前ができました。 6月から、元タイカンズメンバー様方の支えでZOOMを使ったONLINE LIve fitnessをやれることができたので、それが強い支えとなり準備を進めていくことができました。そして7月10日にオープン。初めてのお客様をお迎えすることもできました。

「LEAPROCKfitness」は、

フィットネスを通じて人を健康にし元気で活力ある社会(コミュニティー)づくりを目指す

ブランドとしてサービスを展開していきたいと思っております!今後とも宜しくお願い致します。

My Starting a business Blog はその7で終了です。これまでの記事を読んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

-My STARTUP Blog

© 2021 LEAPROCKfitness Powered by STINGER