学び

成果を出すには意思力と環境作り

皆様こんばんは。

朝夜は冷えますね。私は日中に備えてと、冬はこれから、まだここで厚着しちゃいけない。という自制心を働かせて薄着でございます。

それは仙台にいた1年目の時でした。11月初旬で厚手のダウンコートを着ていたんです。するとスタッフみんなから、

「マネージャー、今そんな厚着してたら冬越せませんよ。」

と、地元のスタッフは皆、シャツ姿。ダウンどころかジャケットも着てなかった。

この人達は寒いのを我慢しているのか、それか、本当にこんなのまだ寒いうちに入らないのか?と、地域によって、生まれ育った環境によって、人の肌まで変わるものなのか。と不思議に思ったものでした。

今の私は、年々寒さに弱くなるだろうから、今のうちに鍛えておこうということです。

年々弱くなるのは寒さだけではないでしょう。筋力や体力や思考力、発想力も。生物だから衰えが来るのです。46になり危機感を募らせているため、寒さと同じで環境作りによって衰えを抑制することができると強く思うようになってます。

環境作りによって成果を出せる。環境作りのために意思を働かせる。意思力は気合じゃなくて余裕を作ること。

トレーニングする時間や場所の設定=環境作り。読書勉強する時間や場所の設定=環境作り。

など、環境作りから実行するまでには自らの意思を働かせないといけないと思うのですが、意思力はどうでしょう?

意思力にはキャパシティーがあるようです。

どういうことかと言いますと、1日の寝ている時間を8時間とすると、起きている時間は16時間。

その内、

仕事60%9時間・食事25%4時間・家事10%2時間・遊びだらだら5%1時間のように、やらなければならないことだけに意思を注ぐと、トレーニングや勉強が入る余地がありません。

なので、毎日の習慣ではキツイので、1週間・1ヶ月のスケジュールで自己磨き時間(トレーニング・勉強など)を入れようとすると、意思力を働かせられそうです。意思力を働かせるには余裕を作ることでみたいです。

私もmacのカレンダー機能に助けられて意思力を発揮させ、環境作りをしなければな。と思っています。

それもこれもあるきっかけで、昨日カレンダーを見返した時の反省からです。開業してから休みを作らなかった事で思考が固まってしまってたかなーと思いました。そのきっかけとは、昨日の「ルミネtheよしもと」に行ってお笑いを鑑賞し終わった後、気づきました。とてもいい刺激でした。

自分の世界の中にだけいたらダメですね。違う世界を見ていろんな気付きを得ることができたり、発想力や思考力も湧いてきます。お笑い芸人さんの仕事ぶりからも思いがけない共通点があったり、その他にもヒントを得られることに気付くことができました。

-学び

© 2021 LEAPROCKfitness Powered by STINGER