トレーニングプログラム 中川式アップデート

トレーニングで効果を高めるなら体のケアも!パーソナルストレッチ+Hypervoltで「フィジカルケア 」

トレーニングを効果的に行っていますか?体のコンディションのいい状態で動いていますか?

「ダイエットしたい」

「筋力つけたい」

「より体力をつけてもっと健康でいたい。」

「スポーツでもっともっと結果を出すためにガンガントレーニングーーーー!」

そういう気持ちが高い方ほどやり過ぎてしまう傾向にあります!

たくさん運動しているけど体のコンディションはどうでしょう?

実は、「だるーっく」なる前から体の中には疲労が溜まってたります。

怪我や痛みを感じる前から疲労しています。

私がそうでした。コンディションが落ちてトレーニングも行動力もダウン。。。たまにあります。

休養にストレッチやケアを定期的に入れていれば、末長くトレーニングとセットで体を健康に保つことができます。

体を休ませるのは積極的休養というものがありまして、次のステップを少し上げたい時には特に大事です。

積極的休養を入れると、筋がフレッシュな状態で、関節の可動性もいい状態だからトレーニングの効果も出るんですね。

長期休養をとって休ませるというほどのものではありません。1日、2日、3日くらいかな。そこにケアを入れると、リスタートが切れるし以前より筋力もコンディションも上がっている状態で再開できるというものです。

「体の疲労や硬さがある」って思っても放っておいてませんか?

体の柔軟性があっても体は硬くなるんです。

これは、ストレッチして一見柔らかいかもしれませんが、広げている関節部分だけで柔らかく見れるに過ぎない場合が多々あります。

ただ、柔軟性を確保するのは、基本はセルフストレッチですが、それだけではやっぱり筋肉が硬くなってしまうんです。

筋線維が拘縮して、力発揮が弱くなったり、疲労が抜けなくなったり、体がだるくなったり、痛みが発症したりもします。

そうすると、どうなるかというと、怪我ばかりではありません、実は体を動かそう!トレーニングしよう!というモチベーションも下がってきます

これは体の筋組織にストレスが蓄積して、ダメージを防ぐために筋肉が防御本能でガチガチに固まってしまうことが原因なんです。

40分1回で解決!

定期的なケアです。私が推奨するのはHyperVoltによる筋膜リリースとパーソナルストレッチ!

でもこういうことを、毎日やらなくてもいいんです。毎週でなくてもいいんです。

なぜなら、セルフストレッチは毎日、自分でできます。なので、

基本はセルフストレッチを行って、定期的なパーソナルストレッチでしっかり伸ばす。伸ばせない可動域まで伸ばし、アプローチできない可動域まで行って筋肉を伸ばしてリラックスさせましょう!40分で主要部位を全部やります。

体をケアするタイミングを設定しましょう。

でも、いつもトレーニングしていますから大丈夫では・・・?

トレーニングは体を強くし、ホルモンや血液循環の生理学的な面からも健康、若さを保つには最高なものです。

ただ、たまにケアをしないと身体的な疲労が溜まったり、メンタル的な要素でもやる気が無くなったりして継続できなくなってしまうこともあります。

では、どんな事をすればいいのかというと、ストレッチです。

ストレッチには「セルフストレッチ」と「パーソナルストレッチ」があります。

セルフストレッチは普段やっているストレッチ。これは私のYoutubeを見て是非毎日やって下さい。

一方、パーソナルストレッチは、、

トレーナーが行うストレッチです。

あなたはベッドに横になるだけで、1人で行うストレッチとは違い、余計な力が入らないので、リラックスした状態で、深層部の筋肉を気持ちよく伸ばす事ができます。

しかも、LEAPROCKfitnessでは、Hypervoltでほぐした後のパーソナルストレッチです。この体感効果はとても凄いです。体の軽さを感じる事間違いなしです。これは体のケアになります。定期的にケアをやる日を設定すると、コンディショニングのいい状態を保つことができますよ。

伸ばしにくい肩甲骨や股関節周りにもアプローチ。

硬くなってしまった筋肉の柔軟性を高め、狭くなってしまった関節可動域を広げることで、より健康な体を作り上げていきます。

-トレーニングプログラム, 中川式アップデート

© 2021 LEAPROCKfitness Powered by STINGER